Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年度も引き続き、小学校広報紙デザインのお仕事をさせて頂いています。
私の子どもたちが通う小学校の広報委員は、毎年、最後の活動として、次年度の教職員紹介号を制作します。
おかげで新学期が始まってすぐに発行できるので、保護者のみなさまにも好評です。

印刷は、町の印刷所に依頼するとモノクロでも代金が高額ですが、格安印刷に依頼すると、半額以下で済んだりします。どうしてこんなに料金が違うのでしょうか?

 ↓A4仕上がり4ページ 中面見開き
116b.jpg

その理由の1つは、印刷行程の違いにあります。
町の小さな印刷所では、印刷用データからフィルムを出力し、そこから刷版を作成するのに対し、大手の印刷所では、CTPと呼ばれるシステムで、印刷用データから直接刷版を出力します。フィルム出力の行程が省かれる分、コストが下げられます。

また、格安印刷所では、複数のお客から受注した印刷物を大きな紙に面付けし、一度に刷ってしまう、というのもコストを下げられる理由の1つです。

 ↓A4仕上がり4ページ 表紙と4ページめ
小学校のPTA広報委員長を務め、委員の方々に楽しく、無理なく活動してもらうためにいろいろと工夫をしました。

まずこれはとても役に立った!と思うのは、最初に年間スケジュールを決めてしまったことです。
広報紙の発行時期は、夏休み前、冬休み前、卒業式前、など例年決まっています。
そこから逆算していけば、原稿締め切り日、校正のアップ、印刷所入稿などのスケジュールは自ずと決まります。
年度初めにスケジュール表を作り、配布したので、委員のみなさんも予定が立てやすくなったと言って、たいへん好評でした。
スケジュール管理をする自分にとっても、役立つものでした。

 ↓B4仕上がり/4ページ  表1           表4
115a.jpg

次に好評だったのは、平日は出席できない委員のために、土曜の活動日を設けた事。
取材などが必要な執筆活動は平日チームに、校正や刷り上がりの仕分けを土曜チームに担当してもらいました。
「会議にちっとも出席しない人がいる」という不満の声は、毎年委員会にはつきものですが、土曜チームを作ったおかげで、そういった不満は起こりませんでした。

そして、ブログの活用。

 ↓B4仕上がり/4ページ 中面(見開き)
私の子どもが通う小学校のPTA広報紙は、広報委員が取材、記事執筆、写真撮影を行い、デザイン・印刷をプラス・エーで受注させていただいています。
デザインを外注せず、広報委員が直接、格安印刷所に発注する場合は、印刷用データを自分たちで作らなくてはなりません。

その「印刷用データ」とは何でしょうか?
一般に印刷用データとして印刷所へ入稿できるのは、インデザインなどのDTPソフトや、イラストレータ、フォトショップなどの画像処理ソフトで作られたファイルです。

↓表面B4/4色
114a.jpg

印刷は通常、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色のインクを重ねることで、すべての色、フルカラーを表現しています。印刷用データは、その4色に分解された情報を持ってるファイルなのです。
しかし、上記のソフトは非常に高価で、使い方も複雑なので、個人的に持っている人は多くありません。

↓裏面B4/4色
カシオG-SHOCKのコンビネーションモデル「G-SPIKE」シリーズのレッドを入手。樹脂バンド部分がレザーベルトになっている日本未発売モデルです。なーんて書くと、昔なら「おおッ!」と思ったものですが、今やネットで簡単に買えちゃう。海外モデルのありがたみも、すっかり薄くなりました。

でもいいんです、お気に入りだから。なお、同モデルの日本版はこれ。ベルト以外にも、時分針の色やベゼル上の文字色、液晶が反転液晶になっていないなど、結構違いがありますね。

レザーベルトタイプのG-SPIKE

ワールドタイム(27カ国/29タイムゾーン)対応なので、海外に持って行っても便利。上の写真では、アナログ針が日本時間、デジタルがパリ(PAR)時間を表示中。ちなみに、バーゼルもフライブルクも日本との時差は7時間。なので、カイロ(CAI)またはエルサレム(JSR)時間表示に切り替える(個人的メモ)。

G-SHOCKながらタフネスが過剰に強調されず、女性でも身に付けられるデザインです。
22年度、夏休み前に発行したPTA広報紙は、運動会の特集がメインでした。
写真満載で楽しい紙面を、と思っていたのですが、後で振り返ってみると、写真ばかり多すぎた、と反省しています。

↓表面B4/4色
113a.jpg

広報紙を発行する目的は、子どもたちの活動報告という単純なものではなく、「子どものしあわせな成長をはかる」という、PTA自体の目的と同じはずです。
広報紙は、子どものしあわせな成長に役立つ情報を発信することに意義があるのです。

裏面は、一年生の成長の様子や、集団下校訓練の様子などを取材。こちらは学校の安全に対する取組などが紹介され、意義ある内容でした。

↓裏面B4/4色
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。