Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「ブログの写真、いつも*ist DSで撮ってますよね。D300は使わないんですか?」

 そう聞かれることがあります。いえ、もちろん仕事ではD300を使っているんですよ。上がりのクオリティにも絶対的な安心感がありますから。けれど、プライベートでは相変わらず*ist DSが手放せません。やはり、軽くて握りやすくて、UIも使いやすく、M42マウントのレンズで遊ぶ楽しみ(※)もあります。それに引き替え、ニコンのカメラはM42レンズを装着した場合、フランジバックの関係で無限遠が出ないんですよね。

 そして何より、*ist DSは記録メディアがSDカードなので、Eye-Fiカードが使えます。これは大きな魅力。本当はD300でも使いたいところですが、D300はCFカードなので…。個人的にCFカードのアドバンテージ(速度・CP)は今後どんどんなくなっていくと思うし、プロテクトラッチなどのデータ保護機能もないことから、この仕様は正直もうやめてほしいのですが。

 そんなD300でも、SDカードを使う方法はあります。そう、CFカードアダプターを使う方法。もちろん、ニコンは公式に動作をサポートしていませんし、アダプターのメーカーもなんとなく怪しいメーカーの製品が多い(失礼!)ような…。そんな理由から、今まで敬遠していました。が、やはり“D300でEye-Fi”の夢は諦めきれず、ついに注文してしまいました。

SDスロット化を望む!

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 こんな感じ↑で使います。ついにEye-Fiカードが、D300の胎内にスロットイン!
 購入したのは、台湾のメーカーPhotoFastのCR-7000。Eye-Fiカードは引っかかりもなく、非常にスムーズに収まります。

スムース・イン

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 CFカードアダプターは、パナソニックやIOデータからも発売されています。が、パナ製は古い製品なのでCF TypeIのみ対応。SDHCも使用できません。IOデータ製はCF TypeIIでSDHCにも対応していますが、価格が軒並み5,000円以上と高いのがネック。スタパ齋藤氏がブログで紹介しているJOBO SDHC-CFADも、HSGiのショップで4,725円。うーん、やっぱり高い。そんな中、CR-7000は、2,780円と非常にお買い得。もちろん、CF TypeIIでSDHCにも対応しています。実はEye-Fiカードを使うだけならパナ製でもいいのですが、どうせなら将来的なことを考えてSDHC対応製品の方が好ましいですよね。

※CF TypeII製品は、CF TypeIの製品より厚みがあります。お手持ちの製品のCFスロットがTypeIIに対応していないと挿入できないのでご注意を!

ブリスター入りです

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 今回利用したショップは、風見鶏。入金確認後、クロネコメール便でスピーディーに発送してくれました。梱包も問題なし。会員登録すればポイントも付くようです。

 えっ? で、肝心のEye-Fiはちゃんと動いたのかって? それを書くと少々長くなりそうなので、また次の機会に(笑)。
コメント
この記事へのコメント
私は使えませんでした。。。
D300、Eye-Fi、CR-7000 の組み合わせでは使えません。CF変換アダプタが使える・使えないはカメラの仕様のようで、Canon系のデジイチでは使えるみたいです。
D700でも使えないという方がいました。
結局、使えたのでしょうか? 続きの記事、お願いします。
2009/01/28(水) 17:31 | URL | teru #-[ 編集]
結果どうなったのでしょうか?(笑)

http://minami.typepad.com/blogcabin/2008/02/eye-fi-card-tok.html

こちらに使えたという方がおられます。
ただし、Panasonic製のアダプターです。
2009/02/11(水) 01:01 | URL | SHINYA #-[ 編集]
お返事が遅くなりました
> teruさん、SHINYAさん
コメントありがとうございます。
なかなか再検証の時間が取れず、続編のエントリーが投下できません。
申し訳ありません。m(__)m

さて、再度検証してみましたが、私の場合はやはり使えました。
が、ちょっとしたコツがいるようです。
他のカメラのようにただ撮ったまま、ただ電源を入れた状態、では取り込まれず、「再生ボタンを押す」という操作が必要です。
SHINYAさんご紹介のエントリーでもそう書かれていますね。

また、その際は、無線LANのターミナルにできるだけ近付け、カードベイのフタを空けておくとよりベターな結果が得られました。
D300の防塵防滴仕様のせいかも。
ただこれは、あくまで私の場合の話ですので、これで完全に使えるかどうかはわかりません。

実際、他のカメラの場合より成功率が低いとは思います。
それに、そもそもEye-Fiの動作自体が結構気まぐれですしね(笑)。

現在、私のEye-Fiはほぼ*ist DS&コンデジ専用カードとなっています。
読み込まれずにイライラするより、D300では(割り切って)CFをカードリーダーに差して読み込んだ方が早いですよね。
2009/02/12(木) 08:47 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/86-0cf8619d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。