Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 デジタルカメラのレビューという仕事をさせていただいていると、(ごく稀にではあるけれど)編集部に返却するのが惜しくなるカメラと出会うことがあります。

 その中の貴重な一台が、PowerShot G7。1/1.8型CCDが紡ぎ出す高画質は、最近の“画素数ばかり増えて画質は腰抜け”なカメラたちとは明らかに一線を画しています。このキャラクターは、Optio750Zのそれに近い。CCDのサイズも同じですし、実際、絵作りも似ています。

 750Zにより近いのは、PowerShot G6かもしれません。1/1.8型CCDを搭載しながら740万画素、ISO400までという無理のない設計に加え、魅力的な大口径レンズやバリアングルモニターの採用など、これまた現在でも色褪せない名機。記録メディアがCFでなければ十分購入対象だったのですが…。SDカードじゃないとEye-Fi CARDが使えないじゃないですか。SD→CFアダプターをかますことも考えたけれど、この手の製品には動作にやや不安もあります。

 G7は、当時のキヤノン製品共通のこなれていないUI(現行のPowerShotやIXYでは大幅に改善)と、バリアングルモニターの不採用が惜しまれるものの、レスポンスの良さやカメラとしての作り込みはほぼ満点に近いと感じたものでした。他機種に比べてやや大柄なボディも、G6に比べればかなり小型化されたし、むしろ高度な機能と性能をよくこのサイズに詰め込んだものだと感心するほど。

想い出の名機

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 で、買っちゃったというわけ。だって忘れられなかったんだもの。いいんです、ちょうどもう一台コンデジが欲しかったから。
 もちろん、後継のG9も考えたのですが、私の場合は、コンデジに1,200万画素やRAWは必要なかったのと、3.0インチモニターが少々大き過ぎると感じたこともあり、それならと安くて連写速度が速いG7を選んだのでした。ただ、RAW以外にも、背面のコントローラホイールの使い勝手やフェイスキャッチテクノロジーの進化など、G9の進化が如実に感じられる部もあります。ここにより注目するなら、G9という選択も十分にアリでしょう。CCDも1/1.7型になっていますし。

 G7でRAW撮影をしてみたければ、ロシアンファームという奥の手も…。それもG7ならではの愉しみだったりして(笑)。あまり大きな声ではいえません(画質・リスクの両面からオススメもしません)が。

東欧の魔窟がG7を襲う!

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

キヤノン PowerShot G9【送料無料】
キヤノン PowerShot G9【送料無料】

コメント
この記事へのコメント
あぁぁぁ。。。...
これで、一眼もコンデジもペンタから...(ry
2008/04/27(日) 13:37 | URL | しげかね #-[ 編集]
ところが
依然、一眼は*ist DSの出番も多いし、一方、G7のメインユーザーは明子になりそうなので、Optio750Zは相変わらず第一線で活躍中なのです。
このG7の写真も、*ist DSで撮っているでしょ?

1/1.8CCDかつバリアングルであのコンパクトさ、っていうのは、750Zしかないんですよ。
その上、ユニークな露出計機能つき!
750Zは、私にいわせれば“奇跡のカメラ”です。
2008/04/27(日) 13:45 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
あははは・・・
いやぁ~、とりあえず突っ込みいれてみないと...(笑
しかし、G7ってカックイイカメラですね。キャノンじゃなきゃいいのにと思ったり。
さて、そろそろお日様の位置が良くなってきたので、ツツジを撮りに行ってきますノシ
2008/04/27(日) 14:24 | URL | しげかね #-[ 編集]
そういえば
この機種だけ、キヤノンのデザインラインじゃないですよね。
当然ながら発色は見事にキヤノン路線なので、そこに関しては、まぁ、ゴニョゴニョ(笑)。
ツツジ写真、楽しみにしています。
2008/04/27(日) 14:45 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/65-de56b3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。