Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 空港を出て高速をひた走り、およそ25分後。タクシーが着いたのは、ソイ・ランブートリ(ランブートリ通り)。バンコク滞在中は、この付近のゲストハウスに泊まっていました。バックパッカーのメッカ、カオサン通りに歩いて行ける距離ながら、思いのほか落ち着いた雰囲気です。

深夜なのに大勢の人が!

 沿道の建物は、ほぼレストランかゲストハウス、もしくはインターネット屋(少なくともネット“カフェ"ではなかった)。いわゆる安宿街ですが、それでもバンコクの中では物価が高い地域なんだとか。食べもの屋台の料金も例外ではなく、他の地域に比べると2~3割増しと感じました。

 ちなみに、旅行代理店のマージンも結構なボッタクリ。その旅行代理店は、ゲストハウス「ランブートリ・ビレッジ・イン」(写真の看板)のチェックインカウンター正面にブースを構えています。窓口の女性は、愛想があっていい娘なのですが…。
実際はほとんど白人なんですよ

 通りを歩いているのは外人ばかり。ほとんどが白人です(と書いておきながら、写真には黒人がッ)。

スターフルーツ!

 フルーツカクテル・スタンドに並んでいた南国フルーツ。備え付けのテーブルでフルーツカクテルを飲んでいるのも、もちろん全部外人です。ここは本当にタイですか!? 欧米か! <微妙

 というか、タイはどこへ行っても外人だらけでした。唯一、外人の姿が見えなかったのは、バンコクの都心部(大都会)だけだったような。

 ランブートリ通りはやや落ち着いた…と書きましたが、それも宵の口までの話。時間が遅くなるに従って、毎夜ヒッピーたちが騒ぎ始めます。深夜も3時頃にはピーク状態。奇声嬌声が締め切った部屋(一応、エアコン付き)まで聞こえてきて、落ち着いて眠っていられません。おかげで、夜中に何度も目が覚めてしまいました。

 騒ぎが静まったのは、なんと午前5時…。平日ですよ、アホか。姉さん、タイはとんでもないところです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/60-99b40308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。