Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の子どもが通う小学校のPTA広報紙は、広報委員が取材、記事執筆、写真撮影を行い、デザイン・印刷をプラス・エーで受注させていただいています。
デザインを外注せず、広報委員が直接、格安印刷所に発注する場合は、印刷用データを自分たちで作らなくてはなりません。

その「印刷用データ」とは何でしょうか?
一般に印刷用データとして印刷所へ入稿できるのは、インデザインなどのDTPソフトや、イラストレータ、フォトショップなどの画像処理ソフトで作られたファイルです。

↓表面B4/4色
114a.jpg

印刷は通常、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色のインクを重ねることで、すべての色、フルカラーを表現しています。印刷用データは、その4色に分解された情報を持ってるファイルなのです。
しかし、上記のソフトは非常に高価で、使い方も複雑なので、個人的に持っている人は多くありません。

↓裏面B4/4色
114b.jpg

その代わり、上記ソフトの他に、マイクロソフトOfficeのデータも印刷用データとして取り扱う格安印刷所もめずらしくありませんが、マイクロソフトOfficeは、4色分解されたのデータを書き出すことが出来ないので、刷り上がりの色合いが違ってしまったり、使用するフォントによっては、きちんと文字が表示されなかったりという不具合も起こります。

実際に自分たちでワードやエクセルを使って紙面をレイアウトし、格安印刷へ入稿している広報委員会もありますが、前述の不具合以外に、レイアウト担当者が非常に大変な思いをし、不満がつのる、という話もよく耳にします。

委員会としては、おそらくそれが一番の悩みどころではないでしょうか。
上手に記事の文字数と、写真の大きさのバランスを取っていく作業は、想像以上に時間がかかり、担当者にかかる負担が大きいのです。

そんなトラブルを起こさないためにも、レイアウトはプロに外注するのがみんなのしあわせ、と思う私です。
akiko.


…………………………………………………………………………
プラスAでは、広報紙のデザイン・レイアウト・印刷を承っております。
お気軽にご相談ください。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/221-08107ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。