Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 上部スペースでもお知らせしているとおり、メールアドレスを移行中なのですが、困ったことがひとつ。X01Tでは、新アドレスからメールが送信できないのです。原因は、最近流行りの送信サーバにおけるOutbound Port 25 Blocking(OP25B)、いわゆるポート25ブロックによるもの。

 これが普通のメーラーなら、ポート番号を587に変更してやれば即解決する問題です。ところが、なんと、X01TのOutlookには送信サーバのポート設定項目がないという…。いえ、私だって本当はこんな不自由なメーラーを使いたくないんですよ。でも、事実上ほかに選択肢がないので、仕方なく解決案を模索します。

 まず考えたのは、新アドレスに来たメールをYahooメールやGmailなど、他の設定可能なメールアドレスに転送する方法。しかし、これだと、送信時はこれらのメールアドレスが送信元として表示されてしまい、受信者はまた新しいアドレス!? と混乱しますよね。Yahooメールは転送元名義で送信することもできますが、それはメーラーではなくブラウザから送信する場合のみ。X01Tの(スマートフォントしてはもっとも広いクラスとはいえ、PCに比べれば)狭い画面でブラウザを駆使するのはひどく不便です。

 一方、Gmailはexeファイルの送受信ができないのが弱点(exeファイルのやりとりの頻度は決して高くはありませんが、可能性は皆無ではありません)。しかも、お客様がexeファイルを転送元のアドレス(新しいメールアドレス)宛に送信した場合、経路にあるGmailにブロックされたというエラーが返らないので、未送信になっていることに私もお客様も気付くことができない。それなら旧アドレスを継続して使った方がまだマシなわけで、新しいメールアドレスが無意味になってしまいます。よって、転送案は却下。

 そして発見したのが、「犬・こども・私。」さんのエントリー「X01Tでパソコンメールを送信する」。フリーソフト「MailProxy v1.00」を利用して、送受信時、一時的にポート設定を変更するという手です。なお、MailProxy v1.00のインストール手順は、以下のとおり。


  1. このページなどから「MailProxy v1.00.zip」をDLして解凍する。
  2. 解凍してできた「MailProxy.100」フォルダの中には、「ARM」「MIPS」「SH3」「SH4」「x86」というCPUアーキテクチャ別のサブフォルダがある。X01Tで使う場合は「ARM」フォルダの中の「MailProxy.exe」をデバイスの任意の場所にコピーする。SDカード上でもOK。
  3. MailProxy.exeを実行。
    ※MailProxyを起動してカレントにすると、私のX01Tではタスクバーが画面下部に現れます。画面上部にもありますが、こちらは機能しません。
  4. 右下のアイコンをクリックして、メニューから「設定」を選び、各項目を設定後、MailProxyを再起動する。
  5. Outlookを起動し、当該メールアドレスのオプション画面で、送信メールサーバー(SMTP)欄に localhost と記入する。


 これで、メールの送信が無事可能に。もちろん、当該アドレスの送受信時にはMailProxyを起動させておくことが必要。これが面倒といえば面倒ですが、送信できないことに比べれば些末な問題でしょう。

 さぁ、もう盆帰省時の連絡対策もバッチリ! といいたいところですが、当然ながらX01TではPCソフトも動かず、写真の色調整もHTMLコーディングもできません。したがって、結局は大型のノートPCを持ち歩くことになるという…。って、それならメーラーはShurikenが入っているから、まったく問題ないんだってば-!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/169-6d3c43d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。