Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 川崎では、雨雲の隙間から少しだけ観ることができました。残念ながら日本のほとんどの地域では部分食でしたが、それでも希少な体験ですよね。

部分食

Nikon D300 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
※少々クロップしています

 ただの三日月の写真にも見えちゃうのがアレですが(笑)、れっきとした日食の写真です。撮影時間は10時55分。

 太陽の撮影には十分な準備とそれなりの覚悟を持って臨みましょう。目ェ焦げちゃったら、困りますからね。ちなみに、次は3年後の2012年5月20日。関東から九州、沖縄にかけて金環日食を観ることができるそうです。

コメント
この記事へのコメント
見れませんでした
雲が良いフィルターとなってくれましたね。
私のほうはサンニッパにテレコン、ジッツォ#407を立て、フィルムの未露光部分を工夫して作ったフィルターを用意して挑みましたが全く見えず...orz
昼過ぎに撤収して布団に入って寝ました。
2009/07/22(水) 17:53 | URL | しげかね #-[ 編集]
そうなんです>雲のフィルター
準備万端だったのに残念でしたね。
写真は三日月みたいになっちゃいましたが、実際に空の太陽が欠けていくさまは神秘的でしたよ。

> フィルムの未露光部分を工夫して作ったフィルター

私も小学校の頃、これで日食を観たことがありますよ、懐かしい!
ネオパンの未露光部分で作ったなぁ。
でも、本当はこれで太陽を見ちゃダメなんですってね。<つい先日知った
2009/07/23(木) 10:12 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
いつのまにか
昔の天文誌や本を見ると(学生時代は天文誌に写真を投稿するほどの天文ファンだった)、注意書きはあるものの、あたりまえのようにフィルムを工夫したフィルターが紹介されているのに、赤外線カットタイプのフィルターが売り出されたとたんに「ダメ」とかいう話になってて笑ってしまいました。
小学生の頃はガラスの破片にローソクでスス付けて・・・(笑
2009/07/23(木) 11:12 | URL | しげかね #-[ 編集]
私も子どもの頃は、フィルムやサングラス、すすのついたガラス、黒い下敷きなどで日食が観察できると聞きましたが、どれもNGだそうですね!
2009/07/23(木) 17:16 | URL | akiko #-[ 編集]
衝撃の事実
天文ファン! <ちょっと食いついた

> 赤外線カットタイプのフィルターが売り出されたとたんに

これがきっかけだったとは…。
ちなみに、私は小学校の時に「手鏡の小さいの」みたいな日食グラス(?)が配られて、それで見た記憶もあります。
2009/07/24(金) 12:50 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/166-8917a452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。