Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 毎日コミュニケーションズさんから7/24に発売される『OLYMPUS PEN E-P1 活用ガイド』執筆陣の末席に加えていただきました。私は、OLYMPUS PENの歴史とE-P1開発者インタビュー、デジタルフォトフレームのページを担当。特に、フィルム時代のOLYMPUS PENについては思い入れたっぷりというか、やや暴走気味に書いています。

 店頭で見かけた際には、ぜひ手に取って、そのままレジへ。

OLYMPUS PEN E-P1 活用ガイド
 名前だけでなく、総金属外装などちょっとクラシックなリバイバル感が魅力のPEN E-P1ですが、私が愛用しているOptio 750Zも、クラシックな風采という点では負けていません(高級感はさすがに敵いませんが)。

 それに、こちらはファインダとフラッシュを内蔵し、背面液晶モニタは、最近になって高級機に搭載が増えているバリアングル! 色々な意味で“早すぎたカメラ”だったと思います。今となっては発色と高感度性能、レンズの収差(色・歪曲とも)に多少不満もありますが、画質そのものは決して現行コンデジにひけを取るものではありません。

PENTAX Optio 750Z

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 そのOptio 750Z、最近、ズーム時になぜか異音を発するようになってしまい、修理に出していたのです。それが先日、ズームユニットがフル交換されて戻ってきました。すると今度は、私の勝負レンズの一本、FA☆85mm F1.4のAFが不調に。結局、750Zと入れ違いに入院。PENTAXフォーラムのI田さん、またお世話になります…。

 先日はX01Tも修理に出したし、この夏は機械がよく壊れるなァ(涙)。
コメント
この記事へのコメント
24日、本屋さんに行きます。
2009/07/20(月) 22:26 | URL | 深キョン #-[ 編集]
恐縮です
よろしくお願いします。
2009/07/21(火) 12:37 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/165-f8ab48ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。