Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 また気になるカメラが一台…。この脂っこいカタログ表紙もたまらん。

PENTAX K-7

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 先週金曜日、新宿のPENTAXフォーラムにOptio750Zの修理をお願いがてら、発売直前の実機を触ってきました。実際に握ってみると、これが本当にコンパクト。ボディがやや厚い以外、取り回しの感覚は、*ist DSとほとんど変わりません。

 100%視野率のファインダ、1,460万画素、防塵防滴ボディ、超音波モーター対応高速AF、顔検出AF、5.3コマ/秒の連写速度、92万画素液晶モニタ、ライブビュー、内蔵手ブレ補正機構、警告付きダストリムーブ、レンズ色収差補正、HD動画と、スペック面ではいわゆる“普通の高性能一眼レフ”。ですが、それらが非常に現実的なボディサイズに収まっているのが、他の高性能カメラとは決定的に違う点。

 大きな手とそれなりの体力を持ち、大型一眼レフを易々と取り回すことができる人はさておき、それが不可能な女性やお年寄り、そして面倒くさがり(私のような)には、エントリー機以外の選択肢がないのが現実でした。その制約をK-7がデジタル一眼レフの中で唯一打ち破ったのです。それほどのコンパクトさでありながら、長玉装着時のバランスも非常に良好。一部の小型エントリー機のように、バランスが大きく崩れてしまうこともありません。

 何より、この“普通の高性能”を我々PENTAXユーザがどれほど待ち望んだことか! 懸念していたホワイトバランスもしっかりと改善され、ダイナミックレンジの再現も極めて上手い(変に誇張されていなくて好感触)と感じました。

 ご一緒した写真家の重金氏もK-7を高く評価しているようです。また、我々の横で矯めつ眇めつ(ためつすがめつ)感触を確かめていたご老人(C社の二桁Dを提げていました)はボソッと、「ヤバイなぁ。触るんじゃなかったなぁ…欲しくなっちゃった」と呟いていました。なんでも、構図微調整機能と水平補正機能に心をわしづかみにされたのだとか。なるほど、K-7は風景写真家には特に無視できないカメラといえそうです。
コメント
この記事へのコメント
私の使用環境において、機能、動作とも「欲しい」と思うレベルです。
時期を見て購入する予定です。
2009/06/29(月) 11:02 | URL | しげかね #-[ 編集]
いいですよね~
私もレンズ資産が使えちゃうんですよね。
それらでHD動画も撮れる…。
そしてあのフットワークの良さ!
ああ、やっとカメラ方面の物欲は克服したと思っていたのに!
2009/06/29(月) 12:19 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/162-4cf43e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。