Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今まで、水槽の底砂には焼成珊瑚を使用していました。水質濾過・浄化作用とミネラル添加、またバクテリア触媒として非常に有効だったのですが、不満点もいくつかありました。まず、比重が小さいので扱いにくいこと。

 たとえば、水没式フィルタのバラストとして使用した場合、重さが(フィルタ材の)浮力に負けてしまい、フィルタ機器ごと浮上してしまいます。また、汚れやすいのも難点。しかも、洗っても目に詰まった汚れが落ちず、次第に黒ずんできてしまうのです。多孔構造による表面積の多さがもたらすメリットは多い反面、デメリットもまた同様。まさに諸刃の剣…。いえ、そんな大袈裟な話でもありませんが。

 前回のエントリーにも書いたとおり、カモンバを植えたことに伴い、底砂の量をもっと増やしたいこともあって、これを機会に底砂をまるごと入れ換えました。

白砂に入れ替えてみた

PENTAX *ist DS / Pentax FA50mm F1.4

 粒の大きな白砂を選択。本当は黒い砂にしたかったのですが…高いんですよ。2kgで1,000~2,000円もする。3~4kgは入れたいので、金額はその倍。たかが“砂”なのに!

 見た目は爽やかで印象の良い白砂ですが、実は金魚の飼育に向いているとはいえません。その理由は、白砂は光の反射が強いせいで金魚が落ち着かず、ストレスになるのだとか。さらに、金魚の体色を退色(あ!)させてしまうのです。

 ストレス云々はしばらくすれば慣れる気もしますが、体色に関しては私も実感があります。写真にも写っている小赤は、飼い始めた頃に比べて明らかに色が薄くなってしまいました。これは白色の焼成珊瑚を底砂にして飼っていたからだと思われます。なお、白砂環境下では、カロチノイドなどの色揚げ色素を添加した餌を与えても効果は望めないのだとか。

 白砂だと、糞やゴミも目立っちゃいますしね。やっぱり、奮発しておくべきだったかなぁ…。

コメント
この記事へのコメント
二層にしてみては?
下に安い白砂、洗浄時の都合を考えてネットなどを敷いてその上に最小限の黒い砂を敷いてみては?

しかし、私が熱帯魚を飼ってた子供の頃と違って、今はすっごくハイテク化してるんですね。
2008/11/04(火) 11:09 | URL | しげかね #-[ 編集]
水槽洗浄のことを考えると
単一の砂にしておくのが望ましいと思われます。
ただし、コスト優先なら、しげかねさんの案がいいですよね。
本当は伝統的な大磯砂にしてしまえば、色も黒っぽいし、値段も高くないのですが、あまりに“見た目がありがちすぎる”んですよね。
観賞魚である以上、やっぱり見た目の良さも考えたいし…。
そのために色が褪せてちゃ、元も子もないですが(汗)。

> しかし、私が熱帯魚を飼ってた子供の頃と違って、今はすっごくハイテク化してるんですね。

そうですね。
フィルターや各種添加剤とかたくさん種類がありますし。
2008/11/04(火) 11:27 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/136-48a9a7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。