Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 毎回使うわけじゃないけれど、デザインのちょっとした部分で個性を発揮してくれるカナフォント。半角英数の文字コードを使用しながら、日本語(カタカナの場合が多い)を表示するフォントです。たとえば、下の画像のカタカナ部分がそうですね。

カナフォント使用の例

 フリーフォントとしてフォントデザイナーのWebサイトで配布されていたり、デザインフォント本の付録CD-ROMなどに収録されていたりしますが、ちょっと戸惑うのはその入力方法。基本的にはキーボードに打刻されているカナ文字表記に連動、濁音はShiftキーを押しながら入力します。普段ローマ字入力に慣れている人は、まずここで二の足を踏んでしまう。さらに、パピプペポの破裂音は? というと、この出し方がまるでわからない。

 この解決法として、1バイトカナフォントコンバーターフリーの入力支援ソフトなどを使うという手もあります。が、フォントによっては必ずしも有効といえないのが辛いところ。現に上の画像で使ったフォントでは、解決しませんでした。では、どうやって「プ」を入力したのかというと…。実は、もっと簡単な方法が!
 スタートメニューの「アクセサリ」→「システムツール」の中にある「文字コード表」を使うのです。

文字コード表

 上部プルダウンメニューから使うフォントを選び、表の中から入力したい文字を選ぶだけ。あとは、下部の「コピーする文字」のボックスに表示された文字をコピーして、使用するアプリケーションの画面に貼り付ければいいのです。

かなパレット

Macintoshの場合は、先にアプリケーション上でフォントを選んでおき、「かなパレット」を使って入力しましょう。これでもはや、カナフォント恐るるに足らず!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/134-33cd2560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。