Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 毎年この時期限定の被写体があります。それは、9月の蝉。この時期の蝉は盛期の終焉を迎えて鈍っており、カメラを近付けても逃げないのです。

最後の蝉

OLYMPUS CAMEDIA C-5060 Wide Zoom / WCON-07C

 だから、この程度まで余裕で接近可能。ワーキングディスタンスは約1cm少々。まだまだ生きのいい7、8月だとこうはいきません。何より、カメラで迫れる高さに止まってくれないんですよね。
これまた盛大にフレアが出てますが…

OLYMPUS CAMEDIA C-5060 Wide Zoom / WCON-07C

 余談ですが、「羞恥心」のつるの剛士は蝉マニア。テレビ番組で海野和男氏と蝉談義で盛り上がっていましたから、その知識は相当なものです。でも、蝉時雨という言葉は知らなかった…というあたりはテレビ的演出(だと思う)。

これがコダックブルー?

OLYMPUS CAMEDIA C-5060 Wide Zoom / WCON-07C

 次第にデシベル数値を下げつつある蝉時雨。そして、上空はすでに秋空を思わせる蒼さ。滞留した熱量を、少しずつ涼風が運び始めました。そろそろ夏も終わりでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/123-23a1433e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。