Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 仕事先に持って行っては見せびらかしているレンズがあります。それがこのsmc PENTAX-FA35mm F2AL。以前エントリーを書いたsmc PENTAX-FA50mm F1.4と並んでお気に入りの一本です。

 PENTAX35mmの伝統に恥じぬ写りで、最近は取材撮影もほぼこのコンビで済ませています。あとは広角ズームを一本持って行けば十分。

距離計窓と花形フード付き

PENTAX *ist DS2 / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 ご覧の通りのコンパクトさなので、携帯性も◎。コートのポケットにも入ります。でありながら、例によって大きなガラスの前玉ゆえ適度な重量感(195g)もあって、それもまた嬉しい。この時代独特のプラスチックボディは少々安っぽくも見えますが、見やすい距離指標のおかげで帳消しでしょう。指標にはメートルとフィートが記載されています。

 というわけで、以下作例。今回は写真多めで。
顔の立体感が!

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 絞りはF4。照明の色に加え、*ist DSの「鮮やかモード」のせいで派手目に写っていますが、発色の傾向は素直。何を撮ってもキレイに写るレンズです。ピントはカミソリの刃のようにシャープに、そしてボケは春の清水のように透明で滑らか。

レストランの店内

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 こちらもF4で撮影。最小撮影距離は30cmと、思いのほか寄れるのもこのレンズのポイントです。FA50mmでは少々厳しいブツ撮りも、FA35mmならなんのその。この写真は、最小距離で撮影しています。絞りはF4。

 そういえば、先日発表されたDA35mm F2.8 Macro Limitedが話題になっていますね。こちらにも期待したいところです。ただ、何をもってLimitedと呼ぶのかいまいちはっきりしないのが、ちょいと引っかかる点ではありますが。

百十四銀行新宿支店(11F)より都庁方面

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 ビルがわずかにタル型っぽい気も…。しかし、これは構図の問題も否めません。それより、周辺部のコマ収差や逆光によるゴースト、フレアが見当たらないのはお見事。ハイブリッド非球面レンズとゴーストレスコートのおかげでしょうか。

 ちなみに上の写真、ブログ上のサイズではわかりにくいのですが、元画像を拡大表示していくと解像が凄いことになってます…。左側のビルの窓から、中のオフィスが見えるんですよ。ホラ、窓際の廊下でブチューっと! <ブチューはウソ

日没後の青空

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 開放で撮影。感度はISO400。時間はなんと17:30です。2月頭とはいえ完全に日没後。けれど、実際の見た目より写真の方がずっと明るい。昼夜を問わない描写力は、単純に開放値が明るいということだけでは語りきれない性能だと思います。

開放でもシャープ!

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 さらにその10分後の撮影。こちらも絞りは開放ですが、とてもそうは思えないほどシャープ。シャッター速度は1/10秒。三脚は使わず手持ち撮影ながら、ボディがスリムでホールド感の高い*ist DSと軽量コンパクトなsmc PENTAX-FA35mm F2ALの組み合わせでは十分に(手ブレせず)止めることが可能。

背景の玉ボケが見どころ

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 この暗さで、この立体感。いや、もう本当に素晴らしい。さすがはメーカー自ら「隠れ☆(スター)レンズ」と称するだけのことはあります。現行品であるにも関わらず品薄で入手困難であり、中古品がプレ値で売られている---そんな逸話からも、このレンズの性能と評価が理解できます。

 これほどのレンズが30,000円台前半で買えるとくれば、K20D、K200Dの発表でいっそう買いやすくなったK10DやK100D Superとセットで買っておくのも十分にアリかと。ええ、たとえキヤノンやニコンユーザーであっても。オリンパスユーザーは確固たる信念がありそうなので、あえて薦めませんが(笑)。

 私もK100D Superが欲しいです。もうコレ、コンデジの値段だもんなァ。
ペンタックス FA35mmF2AL【送料無料】
ペンタックス FA35mmF2AL【送料無料】
ペンタックス K100D Super ボディ【送料無料】
ペンタックス K100D Super ボディ【送料無料】

ペンタックス K10D ボディ【送料無料】
ペンタックス K10D ボディ【送料無料】
コメント
この記事へのコメント
はい、見せびらかされてしまいました(笑
確かに凄いレンズですね。
DA35mmは当然FA35mmを上回るクオリティが期待されるわけですが・・・
たぶん「DA」とついた時点で結末が見えているような、見えないような。
ふふふぅ~ん・・・
2008/02/04(月) 17:36 | URL | しげかね #-[ 編集]
しかも
Limitedですからね! >DA35mm
本文にも書きましたが、Limitedたる所以は何なのでしょう?
硝材? 光学設計?
マクロはともかく、FA35mmを超える性能を出すにはかなり力を入れないと…。
絞り羽根は9枚なんですね。
2008/02/05(火) 09:33 | URL | 青木 淳一 #dR5BXWk2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblogplusa.blog35.fc2.com/tb.php/12-a507d44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。