Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今年も行って参りました、アジア最大のカメラショウ「CP+ 2011」。例によってマイコミジャーナルさんにレポート記事を掲載していただいています。

【レポート】CP+2011 - 斬新なカメラ「EX-TR100」とHDRアートで写真の楽しみ方を変える - カシオ
【レポート】CP+2011 - 「COOLPIX」のニューモデル8機種を会場にて発表 - ニコン
【レポート】CP+2011 - 衝撃の参考出品をさりげなく展示 - リコー
【レポート】CP+2011 - 「謎のカメラ」の正体は? 遊び心満載のカメラが揃う - ペンタックス
【レポート】CP+2011 - X3ダイレクトイメージセンサーの高画質が見る者を圧倒--シグマ
【レポート】CP+2011 - 「GC-PX1」で写真・動画ボーダレス化の牽引役となるか--ビクター
【レポート】CP+2011 - 思いがけない製品との出会いも醍醐味 - タムロン・ケンコー・コシナ

詳しくは上記リンクから記事本文をお読みいただくとして、こちらのエントリーでは特に気になったものや記事中に載せられなかった写真などを掲載したいと思います。まずはカシオブースから。

ブースのイチオシアイテムは、私もリリース記事を書かせていただいた「Exilim EX-TR100」。海外では「TRYX(トリックス)」の名前で発売された斬新なフォルムのカメラです。メーカーの狙いとしては、どちらかといえば動画に比重を置いたモデルの模様。

CP+2011 カシオブース

こんな風に持つとビデオカメラ感覚で使うことができ、動画を撮る心理的ハードルが下がるのでは、というアイディアも盛り込まれているそうです。余談ですが、写真の女性も今回のイチオシ(私的に)。
[CP+ 2011 レポート]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。