Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前回の「ダイソン DC26 タービンヘッド コンプリート」に関するエントリーの中で、触れられなかったことがあります(だって、エラく長くなっちゃうんだもの!)。そこで、今回、その内容「DC26のメンテナンス」について、ご紹介します。

 DC26のメンテナンス項目は、クリアビンの中のゴミ捨て(使用毎)と、プレモーターフィルターの水洗い(2年に1回)の2つ。まぁ、クリアビンの中のゴミも使用毎に捨てる必要はないかもしれません。ただ、デザイン的にビンの中のゴミが見えてしまって気分が悪いですし、毎回捨てた方が良いでしょう。DC26はコンパクトなためにクリアビンの容量も大きくはないし、ゴミを溜めたままだと不衛生、というのもその理由です。

 クリアビンの脱着とゴミ捨ては非常にカンタン。取り外し→ゴミ捨て→装着という一連の流れが、ほぼ片手でおこなえます(ゴミ捨て後にクリアビンのふたを閉めるときだけ両手が必要)。操作の様子は動画でどうぞ。

 

 クリアビンのケースが外しにくいときは、リリースボタンを押しながら、少しヒネリ気味に力を加えてやると外れますよ。

 クリアビンの中には、前回のエントリーでご覧いただいたように、きわめて細かいパウダー状の土や砂埃が入り込んでいます。しかもこれは、ビンの隅は言うに及ばず、網目状のシェラウドやルートサイクロン本体の中まで入り込んでおり、普通にゴミを捨てただけではとても取れません。いずれにしても、完全に取り切るのは無理なので諦めるとして(笑)、それでも手軽に、かつできる限りキレイにする方法はあります。
[ダイソン DC26 タービンヘッド コンプリート(メンテナンス編)]の続きを読む
スポンサーサイト
 この夏の買い物の中で、買って良かったと一番感じたのがコレ。ダイソンの掃除機「DC26 タービンヘッド コンプリート」。それまで国内メーカーのサイクロン掃除機を使っていたのですが、数年でみるみる吸引力が低下、回転ブラシが壊れたり、グリップが割れたりと、散々な状況となってしまったため買い換えを決意したのでした。

 となれば、まず検討したいのはダイソン。しかし、価格が高いことに加え、海外メーカーなりのサポートや完成度への不安もあります。カカクコムの掲示板でも“壊れる”とか“うるさい”といった口コミが目に付くし…。

 とはいえ、たとえそれらを気にして再度国内メーカー製品を買ったところで壊れないという保証もなく(というか、壊れたから買い換えるハメになった)、何らかのトラブルがあったとき「やっぱりダイソンにしておけば良かった」と後悔するのは(私の場合)目に見えています。なら、買わないで後悔するより、買って後悔する方がいいだろうと、購入を決意したのでした。それに、DC26には全台、メーカーの2年間保証も付きますしね。ちなみに、修理が必要な場合は、製品の回収から修理、返却まで72時間で(を目指して)対応してくれるそうです。

ダイソン DC26 タービンヘッド コンプリート

 さすが、グッドデザイン賞の金賞受賞作。シリンダーヘッドのメタリック塗装も存在感がありつつ下品さがなく、今までの掃除機にない“モノとしての満足感”を感じさせます。ちなみに、私はDC26にしてから掃除を手伝う回数が増えました。奥さん、この掃除機、旦那さんに掃除を手伝わせる効果があるかもしれませんよ!
 Twitterのタイムラインで評判が良かった「ヒックとドラゴン」(原題「How to train your Dragon」)を家族で観てきました。

 クチコミ通り、想像以上の良作です。いかにもなCG表現、単発的なあざとい3D演出、子ども向けの幼稚な脚本。そんな、この類の映画にまつわるありがちな偏見の数々を見事に打ち破った、3DフルCGアニメのマイルストーン的作品だと思う。ピクサーのスタッフは、これを観て大いに焦り、また勇気付けられたはず。CG映画には、もっともっと大きな可能性と未来があるぞ、と。

ヒックとドラゴン3D

PENTAX *ist DS / SIGMA MINI WIDE II 28mm F.2.8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。