Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ミニチュア写真(あるいは箱庭写真)といえば、写真家の本城直季氏が使用して木村伊兵衛賞受賞したことをきっかけに広まった撮影技法です。銀塩時代には高価なティルト・シフトレンズを必要としたこの撮影法も、今や撮影後写真に適用するだけのデジタルフィルターとしてPENTAX K-7K-x、OLYMPUS PEN E-P2などのカメラに標準搭載されるようになりました。たとえば、こんな写真。

ミニチュア写真 作例1

 このミニチュア写真を撮ってみたい! いえ、デジタルフィルターを適用するのなら、撮影ではなく画像加工ですから、正しくは“作ってみたい!”とするべきでしょうか。そんな方のために、このミニチュア写真を簡単に作る方法をご紹介します。高価な一眼レフは必要ありません。

 ただ、PENTAX K-7やK-xは、ミニチュア・フィルターを動画撮影にも適用することができるので、これは大きな魅力! ミニチュア動画を作ってみたい方は、これらのカメラをお買い上げいただくのがもっとも簡単です。動画編集ソフトを使用する手もあるにはありますが、マスクを作ったりしなくちゃならないので、少々ハードルが高い。
[ミニチュア写真を作ってみよう]の続きを読む
スポンサーサイト
 当ブログの表示フォントが変わったことに気付かれたでしょうか? 今回、CSSにWindows環境用の表示フォントとして“メイリオ”を設定しました。

 メイリオはWindows Vistaより搭載された、液晶ディスプレイに最適化されたマイクロソフト純正フォント。Windowsのフォントスムージング機能Clear typeに対応し、従来のMSゴシックのようなディザ文字ではなく、文字の縁がスムーズにアンチエイリアス処理された文字を表示できます。
 大正浪漫の香り漂うレトロで落ちついた雰囲気の中、美味しいお茶とお食事を愉しめる喫茶「武蔵野茶房」のオンラインショップがオープンしました。私たちプラス・エーも、デザインおよびコピーライティング、そしてセットアップでお手伝いさせていただいています。

武蔵野茶房オンラインショップ

 ショーケースには、パティシエがひとつひとつ丁寧に焼き上げたこだわりの焼き菓子がずらりと並びます。オススメはなんといっても、メインビジュアルにもなっている[特製]焼チーズケーキ(これ、玉子焼きじゃないんですよ、チーズケーキなんですよ!)。この時期、お歳暮やお年賀のご贈答にも最適。木箱入りの高級感も嬉しいですね。なお、チーズケーキはすべてクール便で届きます。
 大風呂敷&手垢にまみれたタイトルを付けてみました。が、実は別段、最新OSをフル活用したハードウェア環境構築云々という話をしたいわけではないのでして…。

Windows7

 発売前後にはあれほど話題になり、コンピュータ業界不況突破の起爆剤になりうるかとまでいわれたWindows7も近頃、なぜかほとんど話を聞きません。実際、知り合いのフリーランスやプロダクションでも買った、あるいはインストールしたという話を聞かないのです。不平不満が多かったぶん(笑)、まだVistaの方が話題に上っていた気がする。
 安井晴山氏の個展ではギャラリー会場ゆえの制限が多く、満足のいく展示作品の撮影がおこなえませんでした。作品とカメラの距離を稼ぐことができないので必然的に広角レンズを使うことになり、被写体に歪みが生じてしまうことに加え、作品を覆っているアクリルパネルに室内照明が映り込んでしまうのです。

 そこで、いっそアトリエにお邪魔して、再撮影となりました。野趣と風情に溢れる山中の庵です。

楓林亭

Nikon D300 / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。