Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タイトルだけ見ると、なんだかアフリカの挨拶のような言葉ですが、実は、キンギョモ(金魚藻)とも呼ばれる水草のこと。これまでは水槽に樹脂製のダミー水草を入れていたのですが、先日、これを本物のカモンバに換えてやりました。

 ホームセンターで1束250円。たかが水草に!? とも思いますが、これがなかなか自生しているのを見かけません。私も実家付近で探したのですが見つからず、結局、買った方が早いとの結論に至りました。同じく金魚用水槽の定番であるオオカナダモとどちらにしようか悩みましたが、葉が柔らかく、金魚が好んで食べるという触れ込みを見てカモンバに決定。「両方入れる」という選択は、水槽のスペース的に無理でした。

 金魚の食用以外にも、 水槽に水草を植えるメリットはあります。それは、水質浄化。水中の窒素化合物を肥料として吸収するので、水の濾過を助けるのだとか。

エサちょうだい! エサちょうだい!

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 なるほど、金魚はよく食べているようす。でも、やっぱりエサの方がいいらしく、私の顔を見つけると、ラインダンスよろしく一列に並んで、エサくれダンスを繰り返します。ンもう、滅法かわいい。けれど、心を鬼にしてエサやりはガマン。あげ過ぎは消化不良、ひいては病気の原因になるからです。
[カモンバ!]の続きを読む
スポンサーサイト
 毎回使うわけじゃないけれど、デザインのちょっとした部分で個性を発揮してくれるカナフォント。半角英数の文字コードを使用しながら、日本語(カタカナの場合が多い)を表示するフォントです。たとえば、下の画像のカタカナ部分がそうですね。

カナフォント使用の例

 フリーフォントとしてフォントデザイナーのWebサイトで配布されていたり、デザインフォント本の付録CD-ROMなどに収録されていたりしますが、ちょっと戸惑うのはその入力方法。基本的にはキーボードに打刻されているカナ文字表記に連動、濁音はShiftキーを押しながら入力します。普段ローマ字入力に慣れている人は、まずここで二の足を踏んでしまう。さらに、パピプペポの破裂音は? というと、この出し方がまるでわからない。

 この解決法として、1バイトカナフォントコンバーターフリーの入力支援ソフトなどを使うという手もあります。が、フォントによっては必ずしも有効といえないのが辛いところ。現に上の画像で使ったフォントでは、解決しませんでした。では、どうやって「プ」を入力したのかというと…。実は、もっと簡単な方法が!
クラシックなカメラが入っていそうな?・・・カメラバッグ。

081017camerabag.jpg
PENTAX *ist DS2 / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

内側にはしっかりクッションが効いていて、カメラを衝撃から守ってくれます。

素朴な感じがなんともかわいい。

Akiko.
息子が通う小学校で、今年度のPTA広報委員が編集した広報紙・第1号が発行されました。

 ↓B4/ペラ 表面
081002kohosi.jpg

委員活動の中で、私が一番貢献できそうな仕事は、やはり広報紙制作だと思い、今年度はこの仕事をさせて頂いています。

委員会議では、自分たちならこんな記事が読みたい、という意見を積極的に出し合って編集されたので、父兄の方々にも興味がわく内容に仕上がったと思います。
今回のレイアウトは私が担当させてもらい、規律ある中にも明るくかわいらしく・・してみたつもりです。

評判は上々で、先生や他校からも参考にしたいとの、ありがたい声を頂きました。

30年ちかく続くこの広報紙発行、昔からずっと変わらないやり方で制作されていたので、今までの委員さん達は、慣れない記事やレイアウト作成に大変苦労されていたようです。

その苦労を半減させる解決方は・・・
ずばり、レイアウトを自分でやらない 事です。

他校でも、ここに気づいていない学校が多いように思いますが、いまどき手作業でそれを行うのは、まるで修行。

レイアウトは料金を払って外注し、印刷を安い業者に替えれば、今までよりもっと安く、楽に、きれいに仕上がります。
本校でもPTA役員や学校側は、従来のやり方を変える事にかなり不安があり、反対していたのですが、今年度の広報委員長さんの働きかけが大きく貢献し、ついにその壁を突破しました。

大手の印刷業者には、中間の作業工程を大きく省くシステムが導入されているので、小さな印刷所にくらべ、驚くほど料金が安く済むのです。
今回、レイアウト代を払ったとしても、今までのモノクロ印刷よりこのカラー印刷のほうが、ずいぶん安く上がりました。

そんなわけで、今後は晴れて、毎号カラー発行が可能になったこの広報紙、
次号は12月発行の予定です。

Akiko.


…………………………………………………………………………
プラスAでは、広報紙のデザイン・レイアウト・印刷を承っております。
お気軽にご相談ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。