Webサイト、各種媒体広告、記事制作 +A(プラス・エー)のお仕事と日常
ブログトップへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、小学校へ取材に行ってきました。
外国人の先生による英語授業の撮影です。

先生はいっさい日本語を使わず。
そのため内容も単純で、絵の描いてあるカードを見せながら、
エー、ア、apple と発音させる、というような具合です。

子ども達は本当に楽しそうに大合唱していました。
[小学校取材]の続きを読む
スポンサーサイト
 「ブログの写真、いつも*ist DSで撮ってますよね。D300は使わないんですか?」

 そう聞かれることがあります。いえ、もちろん仕事ではD300を使っているんですよ。上がりのクオリティにも絶対的な安心感がありますから。けれど、プライベートでは相変わらず*ist DSが手放せません。やはり、軽くて握りやすくて、UIも使いやすく、M42マウントのレンズで遊ぶ楽しみ(※)もあります。それに引き替え、ニコンのカメラはM42レンズを装着した場合、フランジバックの関係で無限遠が出ないんですよね。

 そして何より、*ist DSは記録メディアがSDカードなので、Eye-Fiカードが使えます。これは大きな魅力。本当はD300でも使いたいところですが、D300はCFカードなので…。個人的にCFカードのアドバンテージ(速度・CP)は今後どんどんなくなっていくと思うし、プロテクトラッチなどのデータ保護機能もないことから、この仕様は正直もうやめてほしいのですが。

 そんなD300でも、SDカードを使う方法はあります。そう、CFカードアダプターを使う方法。もちろん、ニコンは公式に動作をサポートしていませんし、アダプターのメーカーもなんとなく怪しいメーカーの製品が多い(失礼!)ような…。そんな理由から、今まで敬遠していました。が、やはり“D300でEye-Fi”の夢は諦めきれず、ついに注文してしまいました。

SDスロット化を望む!

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 こんな感じ↑で使います。ついにEye-Fiカードが、D300の胎内にスロットイン!
 ジョギングもだんだん慣れてきて、つい調子に乗ったのがいけませんでした。もう少し走れそうと距離を伸ばしたら、そこがなんと心臓破りの坂道。休めばいいのに意地になって走った挙げ句、すっかり膝を故障してしまいました。それでもやっと習慣化してきたジョギングをここで止めるわけにはいかないと、数日間は走ったのですが、昨日でそれもギブアップ。膝が痛くて、本格的にヤバイ感じ。

 もうこれ以上は自殺行為です。が、運動を止めてしまえば、あっという間に元に戻ってしまいそう。食事制限は私には無理そうだし、何か新しい運動法は…と考えていたところに、荷物が届きました。おぉ、これはッ!

思ったより華奢な作り

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 MXテレビの通販番組でおなじみの「レッグマジック」! そういえば、ずいぶん前に注文しておいたような気もします。何でも人気で在庫がなく、アメリカから取り寄せなのだとか。

 さっそく組み立てて、使ってみました。効く~ッ! ステップに足を乗せて開いたり閉じたりするだけですが、それでも1分少々続ければ、内股と尻から太腿にかけての筋肉がつりそうになります。2分間続けるのは絶対無理。でも、膝への負担は低そうです。

 テレビショッピングでは、「毎日朝と夜の2回、1分ずつで~」などと言っているようですが、それではさすがに不足でしょう。が、付属するDVDノメニュー(ワンセット13分)を続けていけば、それなりに効果が出そうに思えます。それどころか、中野浩一の太腿みたいになっちゃったりして。
 一応、“仕事以外で”と前置きしますが、今一番興味のあることは何かと聞かれたら、バリ島よりも、カメラよりも、「ダイエット」。ジョギングも、ジョグノートの“記録する”という行為に助けられ、短いながら今月の目標距離をクリアしました。と、それはいいのですが。

 ジョグノートには不満を感じる点もあります。それは、基本的にランナーのためのサイトなので、ダイエット補助のための機能がオマケ程度なこと。それはコンセプトの違いでもあるので、ジョグノートのデキが悪いわけでは決してないのですが…。私にとっては、ジョギングのペースや月間目標距離などは正直、どうでもいいのです。むしろ、基礎代謝の推移や体重、体脂肪率の目標設定ができた方が嬉しいし、現在のBMI値より、理想的なBMI値にするためには、あと何キロ体重を落とさなければならないかの方が知りたい。

 そこで、他のサイトを探してみたところ、「ダイエット★マメグラフ」なるサイトを発見。さっそく登録して、今日の測定結果を報告してみました(下の画面は、サイトに用意されているサンプルです)。

マメグラフのサンプル
3月に購入したNikonのレンズは、キャッシュバック・キャンペーン中の物が含まれていました。

080521kawase.jpg

Canon PowerShot G7

かなり寝かせていましたが、そのまま忘れてしまわないうちに、箱についているバーコードや、購入時のレシート等を応募用紙に貼り付け、送付。
しばらくすると、キャッシュバックとして5000円分の郵便為替が送られてきました~!

レンズ購入時にその場で5000円引いてくれた方が、メーカー側の手間も少なくて済むだろうに・・・と私は思うのですが・・・・なぜこんな面倒な手はずなのでしょうね。

さて、期限切れにならないうちに換金しなくっちゃ♪

Akiko.
 実家の納屋から、古い写真を発見しました。

まるで戦前の写真

 というのは大ウソで、実は「幕末古写真ジェネレーター」というサイトを利用して作成したものです。

 使い方は簡単。ローカルの画像ファイルを指定するか、画像がWeb上にある場合は、そのURLを入力して「古写真風にする」ボタンをクリックするだけ。なお、画像の形式は、GIF、PNG、JPEGに対応しています。

 これを楽しむコツは、“いかにもそれらしい被写体”を探すこと。作者であるcraran氏のブログにもサンプル画像がアップロードされているので、非常に参考になります。城や古民家はさすがに激ハマリですね。
 プラス・エーもいつもお世話になっているJust MyShopさんのブログ「Just MyShop スタッフ日記」で、「広辞苑 第六版クイズ」なるページが紹介されています。過日こんなエントリーを投稿している私としては、これは挑戦しないわけにはいきません。

ATOK2008 広辞苑 第六版セット、Just MyShopで発売中!

PENTAX *ist DS / smc PENTAX-FA35mm F2AL

 ちなみに、クイズのページはこちら。で、結果は、3問中2問正解。いきなり1問目で躓いてしまいました。つい先日、広辞苑の記事を書かせていただいたばかりなのに(汗)。
 先週、体組織計がほしいというエントリーを書きましたが…買いましたよ、タニタのインナースキャン50 BC-528-SV。機能的にはもう少し安いのでも十分かなとも思ったのですが、このデザインに惹かれて…。それに、測定者の自動認識機能も便利かと思ったし。

 で、さっそく計ってみました。体重は…げげげ! 昨夜から2kgも増えてるッ! 大食いしたわけでもなし、いくら何でもひと晩でそんなに増えないだろうから、今まで使っていた体重計(アナログ)がそれだけ狂っていたってことなのでしょう。見なくてもいい現実を見てしまったような…。

 で、体脂肪率やら基礎代謝量やら、項目が進むたびに裁判で実刑判決を受けた気分になっていくわけですが、極めつけは体内年齢。

48歳ィィ!?

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 48歳…。orz
 無線LAN機能搭載のコンデジで、インターネット上のオンラインフォトアルバムを閲覧中。

本日発売! LUMIX DMC-TZ50

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 もちろん、撮影した写真をその場でフォトアルバムにアップロード可能(自宅もしくは公衆無線LANのアクセスポイントが必要)。閲覧中の写真のURLをメールで送信することも。うーん、えらい時代になってきましたよ。

 というわけで、6月1日発売のPC Fan誌に、Wi-Fiコンデジの見開き記事を書かせていただきました。書店やコンビニで見かけたら、ぜひ手にとってご覧ください。

 ネットで本を買うときは、Amazonではなくセブンアンドワイを利用しています。受け取りたいときに受け取れるのと、コンビニ決済なのでクレジットカード情報を登録しなくて済むのが、その理由。梱包も丁寧かつしっかりしていて、非常に気持ちよく買い物ができます。ただ、コンビニ窓口でもクレジットカード支払い不可なのは、まぁ仕方ないとしても、nanacoで支払えないってのはどうなのか。なんのためのセブンアンドワイブランド?

 ちなみに梱包といえば、プラス・エーのお客様にも、梱包資材を販売されている会社があります。お買い得感と対応は折り紙付きなので、商品発送や引っ越しのときなどに利用されてみてはいかがでしょうか。なお、サードパーティーロジスティクスに関する相談も受けていらっしゃいます。

ナイス梱包

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 さて、本日到着の書籍。近ごろ何に興味を持っているかが一目瞭然。ヒンズー教の概説やラーマヤナ、マハーバーラタ関係の書籍はことあるごとに探していたのですが、書店店頭では意外なほど見かけません。でも、ネットならサクッと買える。だもの、書店が生き残るのは厳しいですよね…。

 なお、写真に写っている雑誌「nature」(ナチュール/アスリートリビューン社)は、バリ島特集のページのうちのほとんどが、ヴィラのタイアップカタログ。というか、どうやら雑誌そのもののコンセプトが、広告&通販カタログみたいです。特集写真がコンデジ撮影なことも含め、あらゆる部分が(私が勝手に)期待していたものと違っていました。

 書店店頭で実際に中身を見てから買うことも、やっぱり大切ですね。
NHKの英語講座の中に「リトル・チャロ」という番組があります。
外国にひとり取り残された子犬のチャロが、友達の助けを借りながら日本へ戻る冒険を始める・・というお話を教材に、英語を学ぶ番組です。

080513charo.jpg

Canon PowerShot G7

テレビで流れるアニメもかわいらしいのですが、テキストもNHKの教育講座にしては画期的に楽しく作られています。しかもフルカラー。
いつのまにか版形も大きく従来より値段も倍くらいになっていました。

我が家では、子供達がこれにはまり、テレビやラジオでチャロを追いかけています。


Akiko.
  母の日なので、まずはハートウォーミングな写真を。というより、ハートフレーミングだけど。

ハートの観覧車

シンメトリー写真というジャンル(?)があります。VirtuaFighterのイラストで有名な寺田克也氏と物欲大魔王スタパ齋藤氏が提唱する画像加工写真で、伊藤ガビン氏を加えた三氏による共著の写真集「ジョン・シンメトリー」も発売されています。

 でもって、これが一部の人たちの間で大流行(おおはやり)。ならば、試してみない手はありません。作り方は、写真画像を任意の範囲でトリミングして、それを複製後に水平反転して並べるだけ。シンメトリー写真を作るためのフリーソフト(Mac用)やPhotoshopのプラグイン、アクションもあるようですが、Photoshopさえあれば基本的には不要でしょう。

 以下、いくつか作ってみたものをアップします。
 先日書いたジョグノートの件にも関係していることですが、近ごろ、体重計がほしいんです。それも単なる体重計じゃなくて、体脂肪率やら体内年齢やら筋肉量やらが計れる体組織計が。家にある体重計が小さくて乗りにくいとか、文字盤がとにかく見にくいから買い換えたいといった理由もあるのですが、それ以前に、前述のような多様な計測が正確にできることが嬉しい。計測器の類って好きなんです。

電波時計=ラジコン時計?

PENTAX *ist DS / SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

 その割に腕時計にはあまり興味がない(腕に装着するのが煩わしい)私ですが、壁掛けの電波時計はお気に入り。家に正確な時計があることで、なんだか安心できるのです。誤差修正時、数秒進んでしまったのを修正するために、わざわざ11時間59分五十数秒ぶん針を回転させる(これに数分かかってしまって本末転倒)など、少々ヌケ作なところもありますが、その高倉健的な実直さというか、不器用さがまた憎めない。<単なるアルゴリズムの欠陥ですってば

 このシンプルなデザインも悪くないけれど、本当は温度計や湿度計や気圧計や天気予報機能なんかが付いているとさらに良かったなァ(おそらく、そのうち買うと思う)。
 今週はお仕事スパート状態ですよ。

実は、第六版の新規追加語句

ATOK 2008 広辞苑第六版セット

 今日、簡単なブツ撮りをしたのですが、シャッターを切るそばからEye-Fi CARDがPCに取り込んでくれるので、その後の色調整作業やメール添付へのワークフローが極めてスムーズかつ快適でした。こう使い勝手が良いと、JPEG形式しか取り込めないというEye-Fiの弱点がことさら残念に思えてきます。やはり、仕事ではRAWで撮りたいことも多いですし。

 ただ、そうなると、今度は2GBという(余裕があるとは決していえない)容量と、読み書き速度の遅さがネックになっちゃいますね。
 ジョギングを始めました。というのも、友人にこんなサイトを教えてもらったから。その名も「ジョグノート」。走らせたい人間の顔を思い浮かべながら名前を書き記すと…って、そりゃ違うノートだってばよ!

まだちょっとしか走ってませんが

 簡単にいえば、自分のおこなった運動や体重の推移などを管理するサイト。「ジョギング」「ウォーキング」「スイミング」「自転車」から選び、費やした時間を入力すると、その累計データをグラフ化してくれるのです。もちろん、速度(ペース)も自動算出。これらのデータは、公開範囲も選べます。

 というのも、ジョグノートはSNS的な機能も実装していて、友人を招待したり、走行記録にコメントしたりすることも可能。(マイミクのように)登録した友人のデータを参照することで“続ける動機”にもなります。「あ、みんな今日も走ったんだな、じゃあオレも」的な。一人で黙々と走るのはそれなりに忍耐力が必要ですから、こういう仕組みは効果があるでしょうね。他にもコミュニティやデータ上でレースをする機能など、無料ながら楽しみ方満載のサイトです。
最近購入した Canon Power Shot G7で、花のアップを試してみました。
マクロモードで離れた所からズーム撮影。

080502hana3.jpg

Canon Power Shot G7

コンデジにしてはきれいな写り!で、ちょっと感動しました。
ここにアップした写真は、リサイズのみで、他はいっさい修正無しの画像です。

↓淡い色の花びらは、AFでピントが合いにくく、何度かやり直しました。
 ほんの小ネタ。コカコーラの500mmペットボトルに、寄付金付き参加国応援ゴムバンド(ブレスレット?)がオマケで付いています。ただ、実際にはなかなか使えないというか、いい大人がオマケを身に付けるのも気が引けます。このまま燃えないゴミへ…の直前で、あるアイディアがふと思い浮かびました。

見た目もなかなか!

PENTAX Optio 750Z

 レンズのピントリングに装着したら、おぉ、ピッタリ! 特にドイツバージョンとシグマの50mm F2.8 EX DGマクロの組み合わせは、まるで純正かと思わせる違和感のなさ! しかも、ピントリングが太るので指の掛かりが良くなり、ゴム製ゆえにグリップ感も向上。MFを積極的に使う機会が少なくないマクロレンズには、予想以上に有効です。

 これがドイツ製レンズなら、もっと良かったんですが-。あ、いや、このゴムバンドが似合うという意味でね。
 2、3年前に実家からもらってきた君子蘭。日陰に置いたまま、特に水も肥料もやることなく放置したままですが、それでも毎年この時季になると、ちゃんと花を付けます。

 いや、正確には「ちゃんと」ではないかもしれません。本来、花が寄り添ってひとつの大きな球状(紫陽花のように)なるんですよね。母がいうには、「肥料が足りないのかも」。

浴衣や風鈴の柄のイメージで

PENTAX *ist DS / Pentax FA50mm F1.4

 そりゃ足りないわ。というか、全然あげてないんだから。そこで、鉢に植物用アンプルを2本挿してみたのでした。カメラレビューに使う作例の被写体としても活躍してくれる花なので、仕事上もキレイに咲いてくれた方が嬉しいですし。<まるで、部下を仕事の駒としか考えない上司みたいな言い種!

 余談ですが、赤い実を付けたらさっさと切り落としてしまった方が、栄養が実に奪われずに済むので好ましいそうです。
 +Aは、GWも基本的に営業中です。

 仕事が詰まっていて、昼食を作るのも外食するのも時間が惜しい、そんなときの心強い味方がレトルトカレー。保存が利く上に冷蔵も不要なので、常にバックアップを確保しています。

 とはいえ、ありきたりなボンカレーや、めいらくの業務用カレーばかりでは面白味に欠けるので、ラインナップは少々凝ってみるのがオススメ。本日のランチは、サイアムヤマモリの「タイカレー 蟹と卵」(いわゆるプー・パッ・ポン・カリー)と、株式会社ニチロNGK33の横浜 インド料理「ラニ」監修「チキントマトカレー」

 前者はかなり辛いので、辛党にはいいかも。後味に蟹の風味がすっと鼻をくすぐります。後者は中辛。個人的には非常にオススメで、これが美味いッ! ただ、発売元を見ても想像できるとおり買える店舗が限られていて、入手困難なのが唯一のウィークポイント。ちなみに、販売しているお店については、こちらを参照

ラニのチキンカレー(右)がクリーミーでオススメ!

PENTAX *ist DS / Pentax FA50mm F1.4

 スプーンですくっているのは、蟹と卵のカレー。語感としてはイマイチなレトルトカレーも、こんな風にスープカップにルーを取り分けてやると、ちょっとオシャレなランチになりますよ。

 さて、仕事仕事。
 せっかくの北海道出張です。ビール飲んで美味いもの食べて…と、誰もが期待するでしょ、そりゃ。

 ところが、当日朝からひどい下痢。千歳空港を離れる頃には、気分も悪化。ついでにと立ち寄った実家では、昼食にジンギスカンの用意までしてもらったにも関わらず、2、3口でギブアップ。これがまたいいラム肉だったのに、ホント勿体ないッ。

 夜は札幌駅前のホテルに宿泊。友人(コミネエージェンシー時代の同僚)と待ち合わせをして居酒屋に出かけたものの、喉を通ったのは結局お湯のみ。札幌駅地下街の薬局で買った漢方薬を溶かして、苦々しく啜っていたのでした。とはいえ四方山話は楽しく、おおいに和んだひとときを過ごすことができたのですけれど。

あとわずかに広角側がほしい

PENTAX Optio 750Z

 写真は旧道庁の赤煉瓦庁舎。翌日の仕事の現場が、この付近だったんですよ。

 ちなみに、現在も食欲不振継続中。おかげで、少しは痩せられそうです。
バンコクから飛行機で北へ1時間ほど、タイ北部最大の都市、チェンマイがあります。
これは名物料理のカオ ソイ(Kaow soi)。

080401kaowsoi2.jpg

PENTAX *ist DS2 /
SIGMA COMPACT HYPERZOOM 28-200mm F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO

ココナツカレーの中に、黄色い麺とチキンレッグが入り、上には油で揚げた麺が乗っています。
まったりとコクのあるカレーに、柔らかい麺とパリパリした揚げ麺の食感が一体となり、1度で3度美味しい!料理です。

中華料理は茹で物、揚げ物、スープなど、食感の異なる料理を注文するのが食事を楽しくするコツだといいますが、これは1皿で全部味わえる優れもの。

チェンマイを発つ日に名物料理を食べておかねば、と、朝から注文し、すっかり気に入った私は、別のお店で昼食に再びこのカオソイを食べてしまったほど美味しいかったのでした。

また食べたいなぁ。

Akiko.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。